1. TOP
  2. ポートフォリオの基礎

ポートフォリオの基礎

不動産投資・賃貸経営の入口、保有期間、出口でお伝えしているのは、基本的に一つの不動産を考えたものです。

不動産投資、賃貸経営に、一歩足を踏み入れると、忘れがちなのが、不動産投資というのはあくまで、資産形成の手段ということです。

そして資産形成の資産は何だったかというと、時価ベースの純資産を殖やすということです。

時価ベースの純資産を基準にしていないと、不動産を所有する棟数や戸数、家賃収入の額などを聞くと成功しているように感じます。

実際は不動産を複数所有しているという方でも時価ベースの貸借対照表(B/S)で考えたら、含み損を大きく抱え、売却である出口まで考えると大失敗しているケースも少なくありません。

家賃収入に関しても税引後キャッシュフロー(ATCF)まで考えると、手取額が少なかったり、減価償却が多い時期だから税引後CF(ATCF)多いけど、デッドクロス以降は税引後キャッシュフロー(ATCF)がマイナスになったり、大規模修繕の為の蓄えが出来ていないケースも散見します。

株への投資でも、株を持っている事に意味があるのではなくて、購入した時よりも高い価格で売却をして、利益を確定することで始めて投資として成功です。

不動産投資・賃貸経営を行うことは目的ではなくあくまで手段ですので、自分の財産を数値化して、冷徹に状況把握していくことが投資家として、経営者として求められます。

 


 

<<不動産を高く売却するには   資産全体の利益率>>