1. TOP
  2. 損益計算書(P/L)

損益計算書(P/L)

損益計算書(P/L :profit and loss statement)は、一期間の収益と費用を計算して、利益(または損失)を計算し、所得税を計算するものです。

個人の場合の所得税の申告は、確定申告で行います。個人の場合の所得税に関しては、『個人の所得税』のページで解説を行っています。

損益計算書(P/L)は、下記になります。

上記を図解すると下図のようになります。

それぞれの意味と不動産業に当てはめた場合は、下表になります。

売上、原価、売上総利益(粗利益)

不動産業の場合、家賃収入や宿泊料を得ることに対して、商品を仕入、製品の製造は行っていないので、売上原価はありません。

その為、売上には、家賃収入、宿泊料が入り、原価が無く、その数字が、売上総利益(粗利益)です。

不動産を購入、建物を建築、を仕入と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、原価に計上するのではなく『貸借対照表(B/S)』のページの資産に計上されます。

また、業務の中で、物件情報を手に入れることを物件を仕入れると言う方もいますが、ここでは、あくまで資産形成の話なので、該当しません。

販売費及び一般管理費

不動産の賃貸経営の場合、不動産会社に支払う管理料、固定資産税、火災保険、現状回復に伴う修繕費、減価償却、水道光熱費、広告宣伝費などの、日々運営するうえでかかる費用です。

営業利益

本業で稼ぎだした利益です。

営業外収入、営業外支出

営業外収入は、敷金や保証金などの預り金を金融機関に預けて得る受取り利息などです。

営業外支出は、不動産を購入したり、建物を建築した際の借入の利息などがあたります。

経常利益

財務活動を含めた利益です。

特別利益、特別損失

特別利益が出るケースはあまりなく、特別損失は保有している不動産を売却はしていないけれども、買った金額から減価償却の累計した額を引いた額から大きく価値が下がった場合に、特別損失として計上する場合があります。

本業が、不動産でない場合などで、簿価と売買価格の差が、特別利益、特別損失にあたる場合があります。

税引前当期純利益

法人税等を支払う前の利益です。

法人税等

1年間の利益等に対して課税される税金です。

税率は、下表になります。

当期純利益

法人税等等支払い後の最終的な利益です。

 

この損益計算書(P/L)ですが、一定期間の収益から費用を引いて利益を出すものですが、作る目的としては法人税(個人の確定申告の場合は所得税)を出すことが目的と考えると良いでしょう。

 


 

<<不動産投資、賃貸経営を考える前に知っておきたい資産形成の基礎   個人の所得税>>